2017年07月11日

2017宅建試験_宅建業法21_宅建業者が自ら売主となる場合の制限3



宅建業法の21回目、第10章「宅建業者が自ら売主となる場合の制限」の3回目です。

手付金等の保全、割賦販売契約の解除等、所有権留保等の禁止について解説しています。

テキストは「2017宅建試験_宅建業法テキスト」を使います。DLmarketで1,200円(税別)で販売しています。
なお、前回の第20回「宅建業者が自ら売主となる場合の制限2」は有料なので、DLmarketで購入して下さい。
posted by 片桐誠 at 05:20| Comment(0) | 宅建 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください